電波暗室

JQA彩都電磁環境試験所

概要
所在地:大阪府茨木市
建物用途:電磁環境試験所(電波暗室)
工事種別:新築
構造規模:重量鉄骨造/地上2階建
施設概要:10m法×1基、
5m法×1基、その他暗室×1基、
シールドルーム×4基
敷地面積:6,746.41m²
延べ面積:1,786.91m²
竣工年:2013年
施工者:株式会社フジタ

JQA彩都電磁環境試験所 ギャラリー

コメント

概要
建物用途:電磁環境試験所(電波暗室)
敷地面積:6,746.41 m²
延べ面積:1,786.91 m²
施設概要:10m法×1基、5m法×1基、その他暗室×1基、シールドルーム×4基
構造規模:重量鉄骨造/地上2階建
工事種別:新築
施工者:株式会社フジタ

一般財団法人日本品質保証機構(JQA)の電磁環境試験所。
デジタル機器などが放射している電磁波は、その機器自体や周囲の機器などに電磁環境的な影響を与え、一般にノイズといいます。そういったノイズ対策をはじめ、様々な電磁環境試験を実施することのできる施設です。